HOME > 遺言 > 遺言の問題点 >重要なのは遺言書だけにしないで生前に意思を表すこと

遺言トップ遺言の基礎遺言のポイント遺言の問題点

遺言の問題点

一覧に戻る

重要なのは遺言書だけにしないで生前に意思を表すこと

「遺言書」があっても万全であるとはいえません。遺言書の作成を基本としながらも、生前において推定相続人に財産の承継に関して誰に何を相続させるかを具体的に伝えて、できるだけ遺言書の確実性を高めておくことが重要です。


生前中にご本人から相続に関する話があっても、法律上の効力はありませんが、推定相続人を集めて、財産をどう承継させるか、その理由は何なのかを話し、意志を表して推定相続人を納得させることが大切です。その努力が将来の紛争の予防に役立ちます。

遺言だけに頼らず、ぜひその意志を述べておかれることが大切です。

一覧に戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター