HOME > 遺言 > 遺言のポイント > 遺言執行者

遺言トップ遺言の基礎遺言のポイント遺言の問題点

遺言ポイント

一覧に戻る

遺言執行者

遺言の内容をその通りに実現させる行為を「遺言執行」といいます。この執行を行うために遺言で定められた者が遺言執行者です。遺言執行者には相続人や相続人以外の第三者でも構いません。

この遺言執行は、遺言による財産の指定どおりに相続人に分割の執行を願っても、相続人間の利害関係の絡むところですし、また、認知などの届出等の行為については、相続人の感情を考慮すると処理しにくいものです。


そこで、その遺言の実行を第三者に委ねることを認めているのです。

遺言執行者は、遺言によって指定されますが、指定されたからといって、必ずその任務を果たさなければならないことはなく、相続後において応じるかどうかの判断をすればよいことになっています。  

遺言執行者の業務は、財産目録を作成して相続人に交付すること、相続財産の管理をして遺言の執行手続きを行うことにあります。  

この間、相続人は、相続財産の処分や遺言の執行を妨げることができません。  

遺言執行者には相続財産の処分に関する大きな権限が与えられますので、この遺言執行者を誰にするかは、やはり信頼のおける者に委ねることになりますので、弁護士や司法書士、税理士等の専門家が望まれます。

一覧に戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター