HOME > 相続対策 > 相続対策のポイント > 生前の意思表示

相続対策トップ相続対策の基礎相続対策のポイント相続対策の問題点

相続対策〜相続対策のポイント

一覧に戻る

生前の意志表示

遺言書がもめないための必需品でありながらも、完全ではありません。遺言書があっても紛争になる場合があるからです。

もめることなく円満に相続されているところに共通していることは、生前中に被相続人から財産の相続について十分にその意志を聞かされていることです。

ご本人が推定相続人に対して、自己の財産を誰にどのように相続させたいか意向を述べ、その理由や各相続人への想いを伝え、それを各推定相続人が了解しています。

このように生前に本人の意志を伝え、それに対する十分な説明を行って納得をしてもらい、遺言書を作成すれば、もめることが予防でき、円満に相続していけるのではないでしょうか。


一覧に戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター