【NPO法人 相続相談センター】
NPO法人 相続相談センター

トピックス


平成30年住宅地の路線価は前年に比べ、横ばいから㎡5,000円の間で推移

相続コラム

2018/07/08 子のいない夫婦の遺言書

ご夫婦がお見えになり、お互いに遺言書を作成しているのだが、同時に夫婦が死亡した場合にどうなるのかとのご質問をいただきました。

同時死亡の場合には、お互いがいないものとして各々の相続関係をとらえます。このご夫婦の場合には子供がいないため、夫の財産は夫の兄弟姉妹(その兄弟姉妹が亡くなっている場合にはその子である甥や姪、以下同様)が、妻の場合には妻の兄弟姉妹が相続人となります。

実際に公正証書遺言として作成された遺言では、「すべての財産は配偶者に相続させる」との内容だそうです。このような内容の遺言書ですと、同時死亡の場合を含めて、後に亡くなった方の遺言書では効力がなくなり(配偶者が先に亡くなっているため受遺者がいない)、残された方の兄弟姉妹が相続し、それらの者の分割協議になってしまいます。

つまり、先に亡くなった方の場合には先に亡くなった者の遺言が活き、配偶者に財産が渡りますが、次に亡くなった方の場合には配偶者が亡くなっているため、遺言書の効力がないことになります。

結果的にご夫婦の残った財産は後になくなった配偶者の側の兄弟姉妹にわたってしまうことになります。

相続人が兄弟姉妹の場合には遺留分がないため、遺言すれば100%その通りに財産がいきます。残された配偶者が相手方の兄弟姉妹と分割協議を行うのも面倒ですし、子がいない夫婦の場合には必ず遺言しておくことです。

さらに、夫婦とも亡くなった後のことも考慮して夫婦の財産を誰に引き継がせるかも指定しておきます。

このご夫婦の場合には、ご主人の弟さん、もしくは、その子2人に財産を上げたいとの意向でしたので、そのように遺言書を作成しておくことです。

その例を次に書いてみます。

 

※夫の遺言書例(カッコ内は妻の遺言書例)

私のすべての財産は妻(もしくは夫)○○に相続させる。

もし、妻(もしくは夫)○○が亡くなっていた場合には、すべての財産を夫の兄弟である○〇(その者が亡くなっていた場合にはその子2人に均等)に相続(又は遺贈)させる。

 

とこのように作成しておきます。

 

セミナーのお申し込みや相談等のお問い合わせはこちら


サービスのご案内家族信託組成サービス遺言管理サービス相続税概算サービス
ページトップへ